今、話題のカーセキュティ ゴルゴV1

カーオーディオやカーナビの盗難を防ぐにはカーセキュティを取り付けるのが一番ですが、
あまり高価なセキュティに手が出せないと思っている人も多くいると思います。
安いカーセキュティは海外製などが多く誤動作も非常に多いことがある。
なぜならばどこかのセンサーが働いただけで警告や警報が鳴ってしまうことが多いからだ。
しかも、バイパーやホーネットなどはセキュティをやぶるのはわずか1秒で簡単にできてしまう。これはアナログ的な設計にあり、複数の組み合わせの判断ができないことにあります。
レーダー探知機で有名なユピテルが販売するゴルゴではセンサーの動作を組み合わせして1つのセンサーが何秒か働いている時に別のセンサーが設定された秒数の動作時に警告それ以上の敷居値を越えると警報と数段階に分かれて判断するデジタルならではの方式だから誤動作が少ない。
設定によってはユーザーに合わせたセンサー感度調整と動作がカスタマイズ可能となっている優れたセキュティの一つです。
しかし、カーセキュティゴルゴシリーズ今ままでは十万円以上と価格が高く敷居の高いものとして買えないと思った方は多いと思います。
そこでユピテルが発売する安価なゴルゴV1が販売開始したので紹介します。
ゴルゴV1
価格からいうと取り付け込みで59,800円(当店価格)です。オプションセンサー取り付けごとに少し価格はアップしますが基本料金はこの価格でお客様に提供します。(やっと入荷しました。)
ゴルゴV1の動作は
・1WAY(特定小電力):(リモコンが2個標準で付属) ドアロックに連動したARM(警戒開始)、DISARM(警戒解除)操作や、センサ感度の設定ができます。
・イモビ:エンジンスタートカット
・ドア(トランク)開検知
・衝撃検知(2段階):強い衝撃、弱い衝撃をそれぞれ検知します。
・ハザードフラッシュ機能: 警告・警報動作時にハザードランプが点滅します。
・レポート機能:警報の発生をステータスインジケータの点滅回数でお知らせします。
・ドアロック連動:警戒開始、ドアのロック/警戒解除、アンロック操作で連動。
・オプション出力1系統:車輌装備の操作が可能です。任意接続
・リモコン感度設定:リモコンからセンサ感度の設定が可能です。
・オートアーム機能:エンジンキーをOFFにしドアを閉めると、10秒後にリモコン操作なしでドアロックと警戒開始を自動で行います。
・警報ディレイ機能:ドア開け検出時に警報音の発生を一時的に遅らせます。
・半ドア通知:警戒開始操作時の半ドアをお知らせします。
・カーバッテリー電圧低下通知:車輌のバッテリー電圧を監視して、警戒解除操作時にカーバッテリーの電圧低下をお知らせします。
・緊急解除:万一、リモコンの電池切れや故障のときなどは、リモコンを使わずに警戒を解除することが可能です。
・バレーモード:バレーモード中は警戒開始操作を行っても、警戒動作に入りません。(ドアロック連動のみ動作します)
・ユピテル エンジンスターター/ターボタイマー併用可能、テレコントロール エンジンスターターや市販のターボタイマーと併用できます。
・デジタル傾斜センサー(オプション):車体が傾斜変化したときに警告します。タイヤ盗難防止
・バックアップサイレン(オプション):セキュティの電源をカットされるとサイレンが鳴ります。
・ボンネット開検知(オプション):ボンネットの不正な開放を警戒します。
以上が機能ですが今までのゴルゴの設定は店頭でしかできなかったがこのゴルゴV1は自分で簡単にセットできてしまうので使いやすい。
車上荒らしは高価なカーオーディオはもちろんの事だが最近は自動車メーカーのナビまできれいに取られていまいます。セキュリティがあれば取るほうもセキュリティを解除するのが面倒なので取りにくいのです。家の鍵も2重にすると防犯になるのと同じですね。
貴方の車も、もしかしたら、今にでも車上荒らしに会うかもしれません。気づいたときにはナビがなくなっていたなんてならないようにしましょう。
今回、当店ではこのゴルゴV1のキャンペーンをやります。
特典1.ボンネットセンサーを無料サービスします。
特典2.デジタル傾斜センサーをゴルゴV1と一緒に購入の方にはデジタルセンサー取り付け工賃無料。
特典3.バックアップサイレン購入の方、取り付け工賃半額(5,000円)

但し、これでは儲からないので限定、5台までとさせて頂きます。
この機会に貴方の車にセキュリティゴルゴV1をつけませんか。
購入のお問い合わせはメールにても受付します。
info@studio-messe.comまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください