カーオーディオの音を良くするためには。「カーオーディオを買う前に、ショップ選びの大切さ」

カーオーディオで失敗したという方があまりにも多く問い合わせがくるので、どうしたら失敗しないで済む方法なのかを書いて行きたいと思います。
何度もブログで失敗例を直し、皆さんが損をしないように警告してきました。しかし、ずる賢い店、ダメショップがあるために、カーオーディオのこの業界はまったく良くなりません。とても悲しい現実なのであえて書きますので改めて読んでみてください。

カーオーディオで音を良くしたいと思ったらネットなどで検索すると思いますが、まずは自分の家から近くのショップを探したりすると思いますが、大事なことは近くより、自分にとって価値観のある音にしてくれるかどうかだと思います。最初はどんな店かもわかりませんからまずは、良いショップ探しをやってください。ショップに行ったからと行ってすぐに買ってはいけません。

どういうカーオーディオショップがいいのでしょうか?。

ダメなショップは商品中心で高価なものばかり進めてくる傾向があります。お客様の言い分を聞かずショップの売りたい高価な商品ばかり薦めるのはダメです。購入者側にとってはお金を出した分の対価ですからその金額に合った満足度です。満足できないから他のショップへ行ってショップの悪口言ったり愚痴をこぼしたりする事になってしまいます。

自分の予算にあった金額で如何によい音の提案を積極的にやってくれるか。又は説明してくれるかどうかにあると思います。他にどのようにすると音はよくできるかや知識、オーディオに対するノウハウと実経験が豊富かどうかです。

満足できないショップの傾向は商品中心に説明し技術的な事は説明しません。金額に合わせてなんでもやってあげるよ言ったり、いきなり初心者へ高価な商品ばかり薦めるのは考えものです。

安すぎる中には手抜きも考えられます。材料をケチれば簡単にできます。カーオーディオは完成品を売っている商品でなく部品、(パーツ)単体の部品を売っているにしか過ぎません。ですからショップの役目はそれを組み立てて完成品にすることです。ショップの知識や技量によって出来上がりは様々で、失敗もあり得るのですから注意が必要なのです。

又、高級品でないと音が良くないというのもおかしいです。カーオーディオショップが十分な知識があれば工夫してもらえばいろんな方法で音をよく出来るはずです。当店でもある話ですがヘッドユニットだけ調整して終わりなんていうことも多々あるのです。つまり商品を変えなくてもお客様の思っているレベルで満足すればそれで終わってしまうこともありえるのです。技術的に豊富な経験があればこそ、音をよく出来る方法を知っていればどんな方法でも音質を正しくすることはできるはずです。

カーオーディオショップの技量をはかるにはデモカーが効果的

カーオーディオショップではデモカーを持っていると思います。デモカーが高級な商品で固めてい音がいいでしょうと自慢しているショップは、まず、ダメですね。何故ならば、高級なカーオーディオで音がいいのは当たり前の事、初心者にとっては何の参考にもなりません。そこそこの金額で自分が手を頑張れば出せそうなシステムできっちり作りこまれていて音を明確(コンセプトどうり)にできているものこそ、一番お客様側にとって参考になるデモカーと言えると思います。ですから、現実的なところで作りこみができるということは技術的にもあると判断しやすいと思います。又、実際の施工方法を写真などで見せて説明してもらえるとわかりやすいですし、自身がなければ公開はできないはずです。デッドニングなどの手抜きを見抜ける事にもつながります。

しかし、最大の注意点は購入の時に押し売りに合わないことです。提案されたプランが気に入らなければ、よその店にいきましょう。全国にはたくさんショップもありますし、こだわりのあるショップも必ずあるはずです。見かけだけでは判断しないでおきましょう。すぐに買ってはいけません。一度、家に帰って考えて頭を冷やしてから好みの商品を絞ってカーオーディオショップへ出かけましょう。

高級カーオーディオデモカーは参考になることは?

先程は高級カーオーディオのデモカーは参考にならないと書きましたが一つメリットもあります。カーオーディオの高級品と安価なカーオーディオの違いは何だと思いますか?。
それはサウンドクオリティの違いにあります。高級品になればなるほど音の情報量や音質の高いサウンドを聞く事ができます。しかし、高いスピーカーを選択したりするとそのクオリティの高さに合わせてアンプを高級品にグレードアップしたりする必要が出てきたりします。それだけお金が必要と言うことです。

自分がどのくらいのカーオーディオで満足できるかが金額を決める要素になると思います。

見た目ばかり追うショップはやめよう。

外見のカッコ良さやカスタム系の見た目ばかりを追うのは音とは相反したりしますので、音が悪くなることもあります。見た目も良くて音もきっちり考えてあるのであれば良いですが、スピーカーをたくさん付けてもお金がかかるばかりでなく複雑に音が喧嘩して音が悪くなる事がほとんどです。音を気にしないで見た目だけを求めているのであれば別ですが、機材が多くなればそれだけお金がかかるのも当たり前です。

まじめに音がきれいになるだけなら必要なものだけでいいと思うのが自然な事ですよね。

良いショップ選びは知識、技術、自分にとって如何に良くしてもらえるかが大切な事ではないかと思います。友人の紹介であっても音が悪い店なら買わない事です。ご注意を!。

第2日目の「カーオーディオの音を良くするためには」の続編を書こうと思います。

追伸

ブログ更新できなくてすみません。公開できないノウハウが溜まりすぎて書けませんでした。先月6月10日よりレボーグDYNAUDIOエソターを取り付け1ケ月に渡り作業し完成させました。さりげない取り付けだったのですが、中身はノウハウ満載で作業させていただきました。この車は神奈川県からご依頼を頂き、大変ありがたい仕事でありました。お客様からもメールでエージングしながら楽しんでおられる様子が伝わって来ています。音を良くしたい気持は皆同じですが、このお客様のように徹底してリサーチし当店を選んで頂いた事に心より感謝申し上げます。皆様も一度は当店に遊びに来られては如何でしょうか。押し売りもありませんし、どうしたら自分の車の音がよく出来るかをお話しいたします。

営業時間について

当方は兼業農家ですので稲刈りシーズンが入り現在、天気により休んだりしている事がありますので、来店の際には電話やメールなどでご確認お願いします。