ホンダロゴ フォーカル130A1取付

ホンダのロゴにフォーカルの130A1を取付しましたのでレポートします。

お客様の予算がかなり低額の中でスピーカーを交換したいと相談がありました。当店なら安くてもいい音になるだろうと思って来店されたそうです。

希望の予算を聞いてえ?!・・・と思ったのですが、とりあえずスピーカーを選択することにしました。

お客様
「値段が安くて音質がよいやつで、取付が簡単、お任せします。」

「そんな都合のいい商品がホンダロゴにベストマッチするのは難しいです。簡単にはつけれません。」
なんだかんだ言いながらフォーカルの130A1に決めました。

車が入庫してドアのカバーをはずしてみますとKENWOODの同軸スピーカーが適当についていました。カバーの穴は小さく音の抜けが相当悪い感じです。これじゃ“いい音が出るのは無理!”ってもんです。
スピーカー表面とカバーの密着もなく音漏れ状態でした。
ホンダロゴケンウッドスピーカー ホンダロゴ スピーカーカバー

簡単に取付けてインナーバッフルで済まそうとしていたのですが、カバーの音抜けが悪いのでインナーで収めても、音に不満が出てします。なんとかならないか考えていましたが時間ばかりかかり無理そうなので、おもきってアウターに作りかえることにしました。

MDFとシナ合板を何枚か切って、貼り合わせてカバーを丸く切り落として合わせていきます。 そこにパテを盛って一体化することにしました。
ホンダロゴ スピーカーカバー切り落とし ホンダロゴ スピーカーバッフル

パテの整形と穴のインナー部分にウエイブ加工入れました。
ホンダロゴ スピーカーバッフルパテの整形 ホンダロゴ スピーカーバッフルウエイブ加工と塗装

外見の仕上げはスエード生地のエクセーヌを貼って仕上げました。
ホンダロゴ スピーカーバッフル仕上げ ホンダロゴ スピーカーフォーカル130A1取付
ツィーターをダッシュボードに固定してシート下に付属のパッシブネットワークを取付して完了しました。
調整は位相をチェックして実際に定位やフォーカスをチェックしました。左右レベルを左に1ふっただけでダッシュボード上にきれいに音がフォーカスできました。

今回は、デッドニングにも手を入れたかったのですが、予算上に厳しかったので、お客様へ説明して欲がでたら再度やろうということになりました。それでも定位が出せていたり、それなりの音質の確保ができていたので良かったです。

追伸
12月に入りました。寒くなるとあまりカーオーディオに触らなくなるのかもしれません。12月の取付スケージュールはまだ空いていますので当店でグレードアップなど相談してみたい方はご来店お待ちしています。

当ホームページSTUDIO-MESSEを変更しました。
変更は今まで、メールでのお問い合わせがありませんでした。これには理由があって迷惑メールが多く来るため防止していました。
今回は一度フォームメールへ飛ばすことでフィルターをかけています。今までのメールアドレスでも送れない事はありませんがフィルターのせいなのかメールが届かないというトラブルが頻発した為、一時対策としています。そのうちに確実に直したいと思っています。

質問などや相談などがありましたらホームページからフォームメールにてお問い合わせください。

又、ホームページからのウエブショップではデッドニングの材料で新しい商品を追加しました。商品名はカスケードのAbsorer/Blocking/Diffusorアコースティック・ポリ・パネルです。使いやすいようにあらかじめカットしてあるので購入もしやすいと思います。ホームページのリンクより、一度ご覧ください。

重要
今のブログサイトも来年は変更になります。又、お知らせします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください