CR-ZカーオーディオスピーカーBRAX MATRIX取り付け終了

7月18日にツイーターの取り付けが終わり、細かい設定は後にして一様、今回のブラックススピーカーの取り付けが完了しました。今後のウーハーの問題が残っているのですが、今使っているドアのミッドバスをサブウーハーに回し、MATORIX6.1PPをドアに入れ替えるのですが、 MATORIX6.1PPの入荷が遅れていることから現在はMATORIX6.1をドアにいれています。MATORIX6.1はサブウーハーボックスを 作ってトランクへ取り付けする予定です。作業は約2週間で大きな山場が終わったという感じです。
CR-Zブラックスツィーター取り付け
CR-Zツィータースピーカー取付
取り付けが終わったところで点検して、バッテリーに電源をつなぎますが大容量のキャパシターが2個もあるので一揆にバッテリーにつなぐとトラブルになるため、抵抗3オームを使って充電します。充電が完了したあとバッテリーをつなぐとすべて完了になります。
アンプの調整、ゲインを調整を簡単に調整して配線の接続が正しいかどうかチェック。何も問題がなさそうなので音楽をかけてみました。音のクオリティが高く、それぞれのスピーカーの音のつながりが良好で意識せずセンターへフォカースもバッチリでした。音の調整もそれほどやっていないのにスムーズに鳴ってくれるのは取り付けで苦労したのが結果として出てくれたのには、ほっとしました。
今は、お客様がスピーカーのエージングをしてもらっているので、しばらくしてから追い詰めた設定などしていく予定ですので今後楽しみが増えそうです。又、時間に都合がつけば、エムズラインのミーティングにも参加できると思います。コンテストというより音楽を楽しめる事が大事ですね。
今回の結果でフロント2ウエイよりも3ウエイのほうが断然音の情報も多くスムーズに音が出せる事を再確認できたいい仕事だっと思います。お客様に本当に感謝いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください