更新
情報

お知らせ営業日のお知らせ

商品

スピーカー交換って意外とお金のかかるものですよね。スピーカーだけ購入しても取付をしなければ音もでません。自分でDIYで取付するのも面倒だと思う方へ、約10万円ぐらいで取付できそうな(工賃込み)のスピーカーをピックアップしてみました。ノウハウも公開。

国産ブランドより、海外ブランドがおすすめです。

スピーカーブランドってたくさんありますよね。国産メーカーだとカロッエリア、アルパインなど代表的なメーカーブランドもありますが、おすすめしたいのが海外ブランドなんです。なぜだと思いますか。それは国産ブランドよりも音がいいからです。決して国産がだめだというのではなく、海外ブランドは音楽性を重視しているからなんです。
国産ブランドの殆どはワイドレンジ、正確性、どんな音楽でも再生可能を目的として真面目なサウンドや売れ筋価格などを重視している傾向があるので、どちらかというと蛋白な音になりがちなものが多い気がします。感情を揺るがすものが少ないそんな風に思います。(国産メーカーさんごめんなさい個人的意見です。)それに比べて海外製は音楽の感性を生かした商品が多く、自分の好みにハマれば国産よりも楽しく聴ける可能性があります。

スピーカー選びのポイント

スピーカー選ぶ時に迷うのが価格ですよね。値段の違いによって何が違うのでしょうか。
メーカーは手軽な価格帯から高額価格帯までたくさんのスピーカーを製造販売していますが一般的に高級スピーカーになればなるほど音の情報量が増える傾向があります。低音から高音まで音を出すのはどれも同じですが高級になると同じ曲でもまるで違ってきます。高級スピーカーだとこんな音もこの曲に入っていたのか!と感じる事もあります。低価格帯のスピーカーは手軽に音楽を楽しめるようにしていますが高級スピーカーと比べなければ十分に音楽が楽しめる音が出せます。少しバランスが悪くても調整すれば良いことです。スピーカー選びの大きなポイントは自分にあった音が出せるかどうかや、自分の聴く音楽が楽しめる音かどうかではないでしょうか。

2ウエイセパレートスピーカーを選ぼう。

カーオーディオのスピーカーは大きく分けて同軸スピーカーとセパレートスピーカー、サブウーハーの3つです。低音が不足というときには発揮するのがサブウーハーですが。フロントドアを交換するなら最低、2ウエイスーカーを選んでください。それには理由があります。

人間の耳というのは高音に対して音の方向性や存在感を感じます。逆にドアにつけるミッドバスの低音は低い低音になればなるほど人の耳は方向性を失います。そこをカーオーディオは利用して高域の出るツィターに音をひっぱってもらって(錯覚を利用して)ダッシュボード上にある音場感を作り出す事ができます。
同軸の場合だと低い位置に高音があるのでどうしても音場感が低くなりがちです。

ツィーターの位置は重要(取付を間違うと大損をします。)

人の耳が高域が大事だというこはわかったと思います。高域が大事だということはツィーターの取付位置や向きがとても大事なのです。当店のブログでよくダッシュボード上に奥の方に配置してるのは理由があります。ツィターは高域を出すので音場感が狭い傾向にあります。ツィーターの向きを間違った方向に向けるとツィターの持っている特性を失うだけでなく音場感も得られなくなります。よく自動車メーカーがダッシュボードにスピーカーを埋め込んであるのを見かけますが、あれだと正相で音がでていても人に届くまでに逆相になってしまいます。ツィターの高域の出る範囲が狭いためにこのような現象が起こってしまいます。
たまに、ネットやカーオーディオ雑誌でツィーターがピラーに埋め込んで向かい合わせになっているものを見かえることがありますが、この場合、左はツィーターの距離が取れるので正相ですが右は人に近く耳に届く角度が極端になるため逆相になることがあり、打ち消しあったりすると正しい音場感は出せなくなります。

スピーカーが近いということはスピーカーのダイレクトな音が強くなりステレオの音場感は出しづらくなります。ですからスピーカーとの距離を取ることが自然な音場感が作り出しやすくなるのです。自分で実験できますのでやってみるとこの事がわかります。例えばテレビに近づくとスピーカーがダイレクトに出ている音を感じやすいと思います。少しずつテレビから離れてみると音の広がりなどが感じられることに気づくはずです。特にテレビは低音が出しにくですからその事がわかりやすいと思います。

取付には何が必要?。

スピーカーだけ購入してもスピーカーは取付できません。2ウエイセパレートを取付するにはドアだとインナーバッフルが必要です。市販品も車種別に販売されていますがバーチ材などでスピーカーの大きさやドアに合わせてカスタムで製作するなどが必要です。その他スピーカーによってはツイーターのマウントが必要になることがあります。他に、取付する端子類や配線類、デッドニングをする場合には制振材や吸音材、ネジビス類、シール材などいろんな物が取付に必要です。もちろん工賃もね。

市販品インナーバッフルで注意することは?

国産メーカーのインナーバッフルは自社の製品に合わせて販売されています。国産メーカーと海外メーカーではスピーカーの取付穴の大きさが若干違います。海外メーカーのほとんどは海外の企画サイズでできています。海外だと国産より数ミリ大きいのが一般的です。

海外製スピーカー取付のときは海外スピーカーの大きさにあった物を買ってください。
例えばキッカーさんだとこちら→http://www.oginc.co.jp/kicker/speaker_install_kit.html
オーディソンやBLAMを取り扱っているTRUIM(トリム)さんだとこちら→http://www.truim.jp/images/2020_catalog_parts.pdf、アルミダイキャスト汎用バッフルDーbaffle→http://www.truim.jp/blog/?p=2142#more-2142

おすすめスピーカー6選

1.morel (モレル)
イスラエル製ブランドで日本でも30年ぐらい前から輸入されている海外製の中でもメージャーなブランド


morel maximo ulta602

morel maximo ulta602

当店でも圧倒的に人気のあるブランドでその中でエントリーモデルとしては価格がリーズナブル。小売価格¥50,000-(税別)。
音質は中高域が前に出てくるタイプで音圧も高く純正スピーカーからの交換に適した設計になっているのも魅力です。高級品から比べると低音は若干物足りなさを感じますがアンプのパワーのない純正では能率が高く感じるのでそれほど不足は感じないかもしれません。特に圧縮音源で中高域に物足りなさを感じている人にはおすすめです。

2.BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)
国産メーカーでありながら音楽性や音質を重視したブランド。元ナカミチなどこだわりの音を知り尽くしたエンジニアーたちが新ブランドを立ち上げた。


BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)SX-165

BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)SX-165

BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)は全体的に低音から高域までバランス感が良く整ったサウンドはジャンルを選ばず、誰でも好むサウンドに作られています。2ウエイセットでは上位機種、RX-165、SX165、そのほかBMW用やSWなどラインナップは豊富です。

選択したSX-165も価格を抑えたエントリーモデルで小売価格¥44,000(税別)。価格が安くても音質のバランス感や音楽性の高さは上位機種ゆずりです。しいて上位機種との違いは情報量の多さの違いはあります。特に高域の伸びや透明感は劣るものの実用帯域での高音は決して劣るものではありません。
実用帯域をうまくツボを抑えたモデルと言えます。おすすめな人はジャンルにとらわれずいろんな音楽を聴くという人におすすめです。

3.BLAM(ブラム)
25年以上に渡り、フランスのハイエンドスピーカーの開発に携わってきたギー・ボンネビル(Guy Bonneville)氏が立ち上げたスピーカーブランド


BLAM Liveシリーズ L 165s

BLAM Liveシリーズ L 165s

BLAMにはSignatureシリーズ、Liveシリーズ、RELAXシリーズ、RELAX車種専用カスタムフィット、アンプなどがありますがその中でもピックしたのが、LiveシリーズのL 165s 希望小売価格 ¥58,000(ペア)。特に重視したのが取付性の良さです。取付に制限のある車に取付やすくできており、マグネットの形状を通常のものより大きさ抑えてあるので取付利便性が高いモデルです。

音質はLiveシリーズ全体に言えることですが、十分な低音の量感を得ていて、特に高域の繊細な伸び、透明感を感じる事ができるスピーカーですスピーカーの名前のライブ感があるというのにふさわしく、生々しい感じは他のスピーカーより表現できていると思います。

4.audison(オーディソン)
オーディソンはイタリアのブランドで日本でも30年ほど前から輸入されているメーカーです。オーディソンはアンプのほうが有名ですがスピーカーにも力を入れています。


Prima Series Speakers APK 165P

Prima Series Speakers APK 165P

オーディソンのスピーカーはアンプのイメージが強いのであまり馴染みがないかもしれませんが、以外にも心地よいスピーカーを販売しています。
上位機種THESIS シリーズがありますが、エントリーモデルのPrima Series Speakers(プリマスピーカーシーリーズ)でも音楽性の高いところは上位機種譲りのサウンドです。オーディソンの中でピックアップしたPrima Series Speakers APK 165P 小売価格¥28,000-は価格も安いのは嬉しい限りだ。
イタリアンメーカーのサウンドというと明るくポップな印象があるように思うが、Prima Series Speakers APK 165Pは意外と真面目で音楽は楽しい。高域の伸びもスペック(50Hz~24kHz)からわかるように高域はきれい。スピーカーの能率も高く純正カーオーディオでも軽く鳴ってくれる。

5.ETON(イートン)
ドイツのブランドで多くの有名ハイエンドメーカーのスピーカーOEM供給するなどスピーカーの技術ノウハウが高いメーカーです。


PRS-165.3 16cm 3WAYセパレートセット

PRS-165.3 16cm 3WAYセパレートセット

ETON(イートン)は高級スピーカーから低価格スピーカーまで豊富にたくさんのスピーカーを出してします。全体的に音質は自然な感じでストレートに出す音はあまり音がごちゃごちゃしない(バランスが取れた)ほうが好きだと言う人には非常に良いスピーカーです。
イートンでピックアップしたPRS-165.2 16cm 2WAYセパレートセット 小売価格46,000(税別)(写真は3ウエイ¥66,000です)はコストパフォーマンスが高く自然なサウンドでありながら高域はきれいな高域が聴けます。又、クロスオーバーネットワークに工夫があってPRS-165.2は、ハイパス12dB/oct固定、ローパスは6dB/oct 12dB/oct 切換式を採用、クロスオーバー周波数は3.5kHzの設計。ツィーターアッテネーションは+3.0/0dBの2段階からレベル調整が可能です。
切り替えによって音場感の違いや音質面でも聴き比べができるので自分の好みに合わせる事が可能です。

6.KICKER(キッカー)
アメリカンサウンドの代表としてロックフォードなどありますが同じように低音といえばキッカーといわれるようにパンチのあるサウンドが有名なメーカー


CS_components

CS_components

紹介するスピーカー以外にも、他にもたくさんのブランドと商品はありますので、ご自分のご予算と相談の上、お問い合わページよりお問合いせください。

実際に取付に必要な物は何?。

スピーカーだけの購入してDIYというのも悪くはありませんが、取付にどうしても必要なものがありますので紹介します。

スピーカーセットにはスピーカーケーブルが付いてきません。スピーカーケーブルの購入が必要です。

どんなケーブルがよいのでしょうか。

こだわればキリがないのですがまず、太さから言えば16ゲージで十分です。材質は最低でもOFCケーブルを買いましょう。
値段も1mあたり100円~数千円まであります。通常なら高くても1000円程度のケーブルであれば音質もかなり良いです。あとは自分のこだわりですね。

スピーカー取付にはインナーバッフルが必要。
スピーカーの大きさには誤差があります。国産メーカーならアルパインやカロッツェリアなどがありますが海外スピーカーはサイズが国産スピーカーと違う為、国産メーカーの物が使えない場合があります。海外に適したものw購入する必要があります。国産車に合わしたインナーバッフルだとD-baffleがあります。
D-baffleカタログダウンロード
http://www.truim.jp/info/20201125_D-baffle_info.pdf

その他はオリジナルでの製作があできます。オリジナルのメリットは取付したい車やスピーカーにカスタムした物を製作するのでピッタリに取付できるだけでなく音質向上も可能です。当店では音響特性に優れたバーチ材を使って製作しております。

その他の取付部品も必要。
細かく言うと、ネジ類やビス、シール材、パッキン材、配線を接続する端子類など取付するとなるといろんなパーツを先に用意しないと取付できません。

スピーカーの音質を上げたいならデッドニングをおすすめします。
​デッドニングはいわばスピーカーボックスの強化です。カーオーディオスピーカーはドアの鉄板に付ける為、ドアの共振によって音質が濁ってしまいます。そこで鉄板の不要な共振を防振材を貼ることで取り除きます。デッドニングをすることでスピーカー本来の音質を出すことができるのでとても重要な事です。
但し、最も注意したいのが、貼る材質や施工の仕方で随分と音が変わってしまうことがあります。なんでも貼れば良いというものではありません。
又、一旦貼ってしまった防振材は取り外しができません。DIYでは難しい一面もあります。当店では30年にも渡り厳選した材料を使用しております。一般的にはネットでの販売は一切ありません。ドイツからサンプルをもらい、そのサンプルを元にテストしてカーオーディオに適した性能をオーダーして製作されたデッドニング材を使用しております。施工したサウンドは一般材料に比べて軍を抜いた安定したサウンドは一目おきます。当店で施工した方しか味わねいサウンドにきっと満足されると思います。

お店で施工してもらうには工賃が必要。
スピーカーの取付には結構手間がかかり時間のかかるものです。DIYした事のある方であればその大変さがわかると思います。
我々は高い工賃をとってるのではなく手間に合わせて時間などから計算して工賃を決めております。
もちろん最終的に音質を調整してお渡しするのですから完成度が高くなるのは必然ですね。

自分の購入金額が10万円と言っても消費税も必要ですから、スピーカー本体が5万円以上になればそのほかの部品を足してしまうと10万円近くになることもありあすから少し余裕をもったほうが良いと考えてください。金額ばかり気にしすぎると好みでないサウンドに仕上がっても悪くは言えなくなってします事もでききますので注意しましょう。

結局は自分の満足度が如何にできるかがカギ。

予算はあくまでも予算です。どこまでお金出せば自分が満足できるのかがカギです。あまりケチりすぎると失敗もあるので、お店とよく相談してください。お店でディスプレーやデモカーなどを視聴するのもお忘れなく。


STUDIO-MESSEに相談する

商品

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時