カーオーディオブログ

日産キックス デッドニングとスピーカー交換

日産キックス デッドニングとスピーカー交換

新車で入った日産キックスにデッドニングとスピーカー交換を行います。交換するスピーカーはブルームーンオーディオAX165です。メインのオーディオは交換できませんので純正オーディオに接続とします。さて、仕上がりはどうなるやら。早速、取付にかかります。

デッドニング

まずはデッドニングからです。ドアトリムの取り外しからです。外し方はそれほど難しくはないですが、ドアスイッチパネルをはずすのに固く外れにくく、コツがいあるようです。少し時間はかかりましたが、なんとか外せました。ここにネジがあるのでこれを外せばあとは簡単です。


日産キックスドア

日産キックスドア


ドアスイッチパネルが外しにくい

ドアスイッチパネルが外しにくい

ドアトリムを外してむき出しの状態からドア内部にデッドニング材を貼り付けしますが、先にスピーカーの取付穴が小さくカットが必要でした。ブルームーンオーディオAX165ミッドバスのフレームがしっかりとしていて大きいのでインナーバッフルをつけても当たってしまいます。カットした穴は錆びないように防水処理します。


日産キックススピーカー穴

日産キックススピーカー穴


日産キックス スピーカー穴カットして拡大

日産キックス スピーカー穴カットして拡大


ドア内部に制振材を貼る

ドア内部に制振材を貼る

サービス・ホールをしっかりデッドニング材で塞いでデッドニングは終了です。


日産キックスデッドニング

日産キックスデッドニング

日産キックスインナーバッフル制作

バーチ材でAX165ミッドバス専用にインナーバッフル製作しました。スピーカーをバッフルに一段落とし込んで面を合わすようにしました。防水の塗装もしっかり行ってシール材を塗って腐ったりしないように防水処理してあります。今ではほかのショップもバーチ材は当たり前になってきましたね。MDFは水に弱く、もう古いやり方ですし音の響きも悪いですので使いませんね。


日産キックス AX165ミッドバス用インナーバッフル製作

日産キックス AX165ミッドバス用インナーバッフル製作 

ミッドバスをインナーバッフルに取付

AX165ミッドバスをインナーバッフルに取付します。ネジは4箇所。はまると写真おようにきっちり収まります。密閉性を高めるためシール材をつけてドアトリムを元に戻せばデッドニングとブルームーンオーディオのミッドバスの取付は完成です。


AX165ミッドバスをインナーバッフルに取付

AX165ミッドバスをインナーバッフルに取付

ツィーター取付とスピーカー配線


日産キックス20ピンPP-AC89接続

日産キックス20ピンPP-AC89接続


キックスナビコネクター

キックスナビコネクター

スピーカー配線はナビ裏のコネクターにPP-AC89アダプターをかまして配線しました。今後グレードアップしてmachのDSPアンプを追加のときも楽にできます。
ツィーターはバーチ材でマウントを作りダッシュボードに設置しました。


キックス ブルームンオーディオAX165パッシブネットワーク配線

キックス ブルームンオーディオAX165パッシブネットワーク配線


左側ブルームンオーディオAX165パッシブネットワーク設置

左側ブルームンオーディオAX165パッシブネットワーク設置


右側ブルームンオーディオAX165パッシブネットワーク設置

右側ブルームンオーディオAX165パッシブネットワーク設置

パッシブクロスオーバーネットワークは写真のように右はキック根元に、左はグローブボックス奥に設置しました。これで取付は完了です。いつものようにエージングかけます。純正ナビなので多くの調整機能はありませんので、ほとんどフラットに近い状態でも十分な音質を得られました。今後にDSPアンプでも追加してグレードアップすれば定位の補正や細かなサウンド調整もできるので期待できます。

お客様へお渡ししてサウンドのアップに喜んでいただけました。


カーオーディオブログ

カーオーディオブログ

カテゴリーリスト

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時