カーオーディオブログ

マツダCX3スピーカー交換

マツダCX3スピーカー交換

先日にスピーカー交換したマツダCX3のレポートです。お客様は金沢市内のお客様で音楽に携わっているのでとても音感がいい方です。新車購入でスピーカーを替えようとネットで検索して当店を見つけたとのことでご相談があって取り付けすることになりました。最初のご予算も少なかったのですが店頭でデモ用のスピーカーを聴いていると他のスピーカーよりかなり音質と分解能の違いに気がついてモレル VIRTAS NANO CARBON602が付けたいとなりました。ご本人にとってはかなりの予算オーバーなのですが当店もできる限りコストを抑えながらスピーカー本来の音質を損ねないように取り付けする約束をしました。

早速、スピーカー交換取り付け開始です。先にバッフル作りから。

車の入庫日前にインナーバッフルとツィーターマウントのカップを作ることにしました。予め、スピーカー、ウーハーの口径などもわかっているので先に作っておけば作業は少しは早くなると考えたからです。ですが実車がないためドアトリムとのクリアランスがどのくらい余裕があるのかわからずですが純正スピーカーの厚みはだいたいわかっていたのでバーチ材12mmでインナーバッフルは作っておいて余裕になる部分は後から加工することにしました。

ウーハーのフランジ部分を凹ませることで前側にクリアランスの余裕ができました。


マツダCX3インナーバッフル morel VIRTAS NANO CARBON602ウーハー用

マツダCX3インナーバッフル morel VIRTAS NANO CARBON602ウーハー用

ツィーターマウント製作


morel VIRTAS NANO CARBON602用ツィーターマウント製作

morel VIRTAS NANO CARBON602用ツィーターマウント製作

モレルVIRTAS NANO CARBON602用ツィーターマウント製作ですがバーチ材を重ね合わせてつくりました。この後スエード生地を貼ってツィーターを組み込んでツィーターはダッシュマウントに取り付けします。(写真撮り忘れました。完成写真もなくすみません。)

CX3のデッドニング

車のほうが入庫されたので早速ドアをばらして作業に入っていきます。ドアトリムを外すには最初にウインドースイッチ類のユニットボックスを外さなければならないのですが、写真のように大きな爪になっていて引っかかって中々外れませんでした。特に寒いこの時期はプラスチックが固くなっていて外しにくいのです。特に内側の爪が外れないです。無理にすると内装などにも傷がつくので養生テープなどで保護しました。ウインドースイッチ類のユニットボックスの奥とドア開閉レバーにもネジがあるので外します。


マツダCX3ウインドースイッチ類のユニットボックスの爪

マツダCX3ウインドースイッチ類のユニットボックスの爪は硬い


マツダCX3ドアトリム外したところ

マツダCX3ドアトリム外したところ

マツダCX3ドアスピーカー取り外し


マツダCX3ドアスピーカー

マツダCX3ドアスピーカー

なんともいえない貧弱なプラスチックスピーカーが付いておりました。軽い音しかしないわけですね。スピーカーは3つのネジを外してコネクターを外すと簡単に外せます。

ドアパネル外し

ドアトリムが外れてしまえば簡単です。純正スピーカーを外して内張りのパネルを外せばデッドニングができます。外すにはちょっとした工夫がありますがガラスが落ちてこないようにしないといけません。本来ならガラスを外して作業を行わなければならないのだと思うのですがしなくてもできるのでこれでいいかと思います。


デッドニング材(制振材)貼り付け

制振材の貼り付けですが今回はご予算にも限度があるので少し貼り付けする量を制限しています。ですが音質に影響がでてしまうといけないので全面的に強度を確認して貼り付けしました。本来なら少し足りないかな。貼ってしまえばまたパネルを元に戻します。いつもならサービス・ホール塞いでいるパネルは制震塗料を吹き付けするのですが予算に限りがあるので今回はできませんでした。


ドアスピーカー配線通し

デッドニングが終わったのでスピーカーをつけるためにはスピーカーの配線が必要です。CX3は純正ツィーターがダッシュにあるのですが、このツィーターがダッシュボードと一体化してるので配線が外せません。となるとドアと共通となっているドアの純正コネクターからの配線にウーハーを接続できません。なぜならVIRTAS NANO CARBONのツィーターと純正ツィーターが一緒に鳴ってしまいますからVIRTAS NANO CARBON単独に配線する必要があるからです。
写真のようにうまく引き込んでいますが、ドアのカプラーを外して中をスピーカー線を通しますがあまり太い線は通せません。


CX3ドアスピーカー配線通し

CX3ドアスピーカー配線通し

インナーバッフルの再加工


インナーバッフルの再加工

インナーバッフルの再加工

インナーバッフルの再加工をしました。VIRTAS NANO CARBONのウーハーは全面に20mmほど出っ歯っているので全面を下げて作る必要があります。12mmのバーチ材からフレーム厚みの5mmほどカットして落としました。これで全面側(ドアトリムスピーカー位置)に10mmほどのクリアランスが取れます。

インナーバッフルの背面にシール材貼り付け

インナーバッフルの裏側にシール材、エプトシーラー5mmを貼り付けします。これは作ったインナーバッフルをネジでそのまま止めるとバッフルとパネルの間に隙間ができてしまいます。隙間を埋めるためにも必要な作業でした。


インナーバッフルの背面にシール材貼り付け

インナーバッフルの背面にシール材貼り付け

VIRTAS NANO CARBONのウーハー取り付け

VIRTAS NANO CARBONのウーハーを取りつけします。写真では全面にエプトシーラーの厚みのあるものが貼ってありますがVIRTAS NANO CARBONのウーハーは全面に出っ歯っているのでそのままドアトリムを戻すとスピーカーとドアトリムの間にかなりの隙間ができてしまいます。音が横に逃げてしまわないようにするために貼り付けしました。


VIRTAS NANO CARBONのウーハー取り付け

VIRTAS NANO CARBONのウーハー取り付け

パッシブクロスオーバーネットワークへ配線

ツィーターとウーハーの配線をパッシブクロスオーバーネットワークへ配線するのですがパッシブクロスオーバーネットワークはシート下に設置して純正アンプより配線しないといけません。純正アンプは運転席右側足元の上部にテレビチューナーと一緒に固めて付いています。そこの20ピンコネクターに繋がないといけないのですが純正配線を切ったりして加工はしたくはありません。そこで便利なのでヘリックスmatchのDSPアンプ接続で使っているPP-ACアダプターを使いました。ぴったりなのがPP-AC89(4840円)です。この配線コネクターを少し加工してパッシブクロスオーバーネットワークへ配線しました。今後のグレードアップでmatchのDSPアンプ接続も簡単になります。


純正アンプへPP-AC89コネクター接続

純正アンプへPP-AC89コネクター接続

完成して

スピーカー取り付けが終わって、お客様から聞いていた追加作業のドラレコをつけて完成しました。間違いがないかチェック。ここはとても大事です。後からトラブルがあると困るので必ずチェックします。そのあとで試しに音質を確認してみると何もしなくてもいい感じに鳴っていました。純正ナビなので細かい音質調整はできずで、タイムライメントなど設定できないのでフォーカスは曖昧なのですが、ディスプレーでいつも聴くようなmorel VIRTAS NANO CARBON602らしい音質が奏でていましたので安心しました。

お客様へお渡し

車の返却時に少し説明して今後のグレードアップなども説明してお渡ししました。純正の音質よりかなり違うと感じて頂き、とりあえずしばらく聴いて感想を連絡いたしますとの事。多分大丈夫だと思いお渡ししてひとまずCX3のスピーカー交換完了。

その後にメッセージ頂きました。

「改めまして今回はお世話になりありがとうございました。純正とは比較にならないサウンド、楽しんでおります。
昨日、ETCの取り付けをお願いした電装屋さんが音を聴いて、ビックリしておりました。
ただ、マツダコネクトでは、あのスピーカーを鳴らし切れていないように感じ、アンプ追加の必要性も感じました。

まずはあの素晴らしいスピーカーのポテンシャルを最大限に引き出したいと考えております。
また、時期が来たらグレードアップの相談させてください。」
とうれしい言葉をいただきました。

当店をご指名頂きありがとうございました。その後のグレードアップお待ちしています。

追記

余分な話ですがコロナウイルス感染拡大が続き、この先どうなるのだろうと心配になっています。かと思いきや、人の行動制限もほぼなさそうです。余計にウイルスに対して敏感になる私なのですが、私の場合、呼吸器官の持病持ちで、毎月、病院へ行き薬を処方してもらって毎日飲んでいます。かなり身近に迫っているオミクロン株がもし感染したら会社の営業は完全ストップとなり収入源も途絶えて生活できなくなります。サラリーマンとは違いすべて失うといってもいい加減じゃありません。

うちは飲食事業も運営していますがコロナウイルスが持ち込まれたら完全にアウトです。県などで感染防止の協力金などがありますが、規定だと夜8時以後に営業を続けている(酒を提供する)店のみ、つまり飲み屋さんだけですね。当カフェショクドウリアンの場合は感染防止のため自主的に時短営業している店は対象外なので協力金や補助金は一切、もらうことはできません。というか、過去にも申請しても却下されて1円ももらってません。メッセとともに大変、厳しい状況におかれています。感染防止元で営業を停止するわけにはいかないのです。

ご来店は大変ありがたいのですが、皆様の協力なしには営業できません。
当スタディオメッセも2月はコロナの影響で人の動きも少なく、雪が降ったりもして来店がなく、今は暇な状態が続いております。
なので安価でもいい、かんたんな作業でもいいのでご注文いただけると幸いです。コロナウイルに注意して安全であればご来店いただければと思います。

皆様、今流行りのオミクロン株にご注意くださいね。

スピーカー交換などのご成約があればわずかでもサービスさせて頂きます。貴方の良きご依頼の注文お待ちしております。


カーオーディオブログ

カーオーディオブログ

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時