初心者カーオーディオ講座 < カーオーディオブログ

カーオーディオで素人が犯す間違えやすい事とは?

カーオーディオ購入時の問題点となる例をあげて説明します。
実際に店頭へ来られてカーオーディオが良くわからないけど
といいながら変にこだわる人がいます。
カーオーディオ購入に無駄な出費を抑えて効率よく良い音を
手に入れる為に書いてみました。

価格の高いカーオーディオを買えば良い音がすると思っている。
前にも書いたとうり価格よりも取付や調整(チューニング)を
徹底的にやらなければカーオーディオの真価は発揮しないので
価格の高い商品、安い商品にはまったく関係ない。

しかし、真価が発揮した条件が同じだとするとやはり高級品
なりの価値がある。

カーオーディオの高級品の魅力は調整が完璧であれば繊細な音、
空気感、リアルな音が安物と比較にならないほどの音質を得る
ことができるのでその差が歴然とわかった時、高級品の価値が
わかるはずです。

取付すればそれで良いものだと思っている。
カーオーディオの本体はプラモデルで言えばパーツですから
未完成品なのでいい加減に取り付けしたとすると純正よりも
音質バランスを崩し、かえってバランスの悪い音になってしまう
危険がある。

自動車ディラーや、一般的な量販店、タイヤシヨップなど
カーオーディオに対して売るだけでノウハウに関心がない店で
買うと無駄にお金を使わされるだけになる危険性があるので
注意してほしい。

結局は自分が勉強して賢くならないとダメで、人任せは損な
結果を生むことになりかねない。

なぜか、リアスピーカー取り付けにこだわる。
初めてカーオーディオを取付する人に多いのが
このリアスピーカーを絶対につけたいという人が多い。

リアスピーカーを購入して取付するお金があったら
能力の高いフロントスピーカーやサブウーハーに
お金を回したほうがマシである。

リアースピーカーは後ろにあるため人ははっきりとした音が
わかりにくい特性がある。
人の耳は前向きだし、カーオーディオのスピーカーの取付位置は
条件が最悪の場所にある為、お金をかける事は無駄である。

フロントをきっり再生できるようにしてフロントスピーカーが
補えない低音をサブウーハーで補うほうが再生範囲が広がり
音質をよくできる利点がある。


カーオーディオのブランドにこだわっている。

カロッツリア、アルパインマッキントッシュ、addzestとかの
ブランドがいいと決めつけをしている。


結構多いのがイメージでブランドを決めていたりする人が多い。
ブランドより自分がほしい音とはどんな音なのかをイメージする
ほうが正しい考え方になります。

実際に店頭やデモカーを聞いてみて何が良かったのか音が
どんな特徴だったのかを把握しないとダメです。
そこで、じぶんの好きな音の傾向を知るという事が大事なんです。

アンプをつければいい音になると思っている。
これも大きな間違いですね。
アンプの必要性は何かを知らないで買うとただ買っただけに
なってしまう可能性があります。

自分が買いたいスピーカーの能力を発揮する為にどのくらいの
アンプが必要なのかが問題です。

パワー(出力)、音質、スピーカーとのマッチング、そして
価格が妥当なのかが大事ですから、店員にすすめられるままに
闇雲に買わないようにしましょう。

又、アンプの調整も必要になってきますので調整もいい加減では
性能は発揮しません。

よくある代表的な事をあげてみましたが貴方も思いあたる事が
あるのではないでしょうか。

カーオーディオを激安で購入する為にも何が必要なのかを
考えてみてください。


カーオーディオブログ

初心者カーオーディオ講座

カテゴリーリスト

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時