更新
情報

お知らせ営業日のお知らせ

カーオーディオブログ

マツダCX-3のボーズサウンド・システム搭載車にヘリックスDSPを取付しましたのでレポートします。
お客様は富山県よりお越し頂きました。最初のご相談はCX-3のボースの音がイマイチでスピーカー交換したい。しかし予算もあまりないというのでご相談だけでもということでご来店されました。

マツダCX-3のボーズサウンドは運転席下に専用アンプがあって、簡単には好みのスピーカーに交換できません。それはアンプ側でスピーカーの再生帯域が分割されているからです。
そこで来店された時にドアの音でスピーカーの帯域を探ってみるとミッドバスでカットオフ帯域を調べてみると3KHz付近からハイ落ちになっていました。ツィーター側で同じく3KHzぐらいでローカットされているようでした。

話合いの中で交換したいスピーカーの候補が2メーカーでしたが、どれもパッシブネットワーク付きでそのまま繋ぐことはできません。
デッドニングのご予算もほとんどない状態で軽くスピーカー交換しただけでは音質は改善されません。
音が悪いマツダコネクションをコンロールするには自由にコントロールできるヘリックスのDSPアンプをお勧めしました。

とりあえずデッドニングは後回しにして各スピーカーをタイムアライメントで位相をコントロールして定位の改善とイコライザーで矯正してみようということでご理解頂き今回チョイスしたDSPアンプはヘリックスのM-5にしました。あとの追加でツィーターだけヘリックスのツィーターP1Tも取付したいというので注文頂きました。追って取付します。

早速、車が入庫したところで取付作業にかかります。
まずは配線がどのようになっているのか調べるためにドアトリム外してスピーカー配線を調べることにしました。


スピーカーを取り外してコネクターと運転席にあるBOSEアンプのコネクターの導通を調べました。
コネクターが3つある中の真ん中の緑コネクターがフロント、リアー、サブウーハーがつながっているコネクターです。写真に見えるコネクターの左側、少し太い青と緑線がフロントドア線です。ツィーターは同カプラ内で細い線で左のみで、右ツィーターは常時電源のある黒カプラーの一番左にありました。細い線でリアーがあったり又は線が太かったりして変則的な配線と配列だったのでものすごく頭が混乱しました。やっているとプラスマナスが合っているのかわからなくなります。ダッシュボードにあるツィーターは取り外しできないのでAピラー外して鏡を突っこんで配線を確認しましたがどの線がプラスなのかマイナスかわからないままでした。とりあえず結線してあとから確認することにしました。


純正の配線をカットしてコネクター化しました。その理由はDSPアンプを取りは図した場合、簡単に元に戻せるようにしたかったからです。車をいずれ売却のときにはDSPの配線を外してカプラーをつなぐだけで元に戻せます。


ドアスピーカーを外したついでにスピーカーのバックだけ制振材を貼りました。それとドアトリム付いた状態ではスピーカー周りに隙間があるようだったので隙間埋めにウエーブキャンセラーを使いました。



DSPアンプとドアの戻しが完了したのでツィーターを取り付けします。ヘリックスのP1Tをチョイス、周波数的にも2.5KHz~25KHzとワイドですし今回のCX-3でも対応できると考えたからです。いつものようにバーチ材でマウントを作りダッシュボードに固定しました。


全部取付が完了したので先にDSPい基本設定を入れました。少しの時間エージングしてタイムアライメント、ネットワークの周波数設定、これは鳴らしてみて一番最適な音質が出せる帯域を探して設定しました。ゲインなども設定します。純正のサブウーハーの出力は触っていないのでそれに合わせました。入力を70%か80%ぐらいにするとウーハーとの量感が聞き取れました。その後イコライザーで微調整で完成ですが音質調整にかなりの時間がかかりました。その理由はドアはデッドニングは最低限で完全ではなくどうしても濁ってしまう音や低音の量感などが中々出せず結構バランスを整えるのに苦労したからです。本来ならスピーカー交換してデッドニングをしっかりやっていればそこまで調整に迷うことはないはずです。いかにスピーカーの取り付け方が大事かを改めて感じました。

調整には時間がかかりましたが完成したサウンドは一様、大丈夫かな。

お客様が車を引き取りに来て音を聞いてもらうと「以前と全然違う。音場感もいい。いままで聞き取れなかった音が聞こえる。ここで取付してもらって良かった。」と言ってくれました。友人にも聞かせたら絶対いじりたくなるだろうと言っていました。
今回は限られた予算のなかで苦労した取付でした。利益より結果的にお客様に満足して頂けたのでホットしました。
帰り際に「つぎのグレードアップ、ドアのスピーカー交換デッドニング見積出しておいてください。今度の目標にします。」とありがたい言葉を残し帰っていかれました。本当に当店を選んで頂きありがとうございました。又のご来店お待ちしております。


カーオーディオブログ

カーオーディオブログ

カテゴリーリスト

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時