更新
情報

お知らせ営業日

カーオーディオ取付作業レポート < カーオーディオブログ

トヨタ、アルテッツァのカーオーディオの音を良くしてほしいとの依頼が電話で入り、デッドニングと手持ちのカロッツエリアの2ウエイスピーカーを取り付けることになった。



いつものように、ドアをばらしてみると結構、純正でもそこそこのスピーカーがついていた。このころの車はまだ、スピーカーも結構マシなものでマグネットもフェライトの大型マグネットがついている。



スピーカーのエッジには歪を減らす工夫もされいるエッジで凝ったスピーカーともいえよう。



(パソコンの調子が悪く写真の画像が無くなっていましたのでアップできません。すみません。)





何気なくデッドニングの加工をすませ、スピーカーは純正と同じ位置へ取付しました。



調整になったとき音を出してみると物凄く不自然な音がでました。



アレ?、ツイターも、ミッドもうるせ~な。なんで?・・・・。



デッドニングも完璧なのになんでこんな音がでるの?



いろいろと調べてみると変なものが追加で配線されていました。

ダッシュボードに変なコントローラがあります。



シート下にアンプらしき箱がありました。

その製品名はサウンドシャキット。型番は限定版のようだ。



コントローラをいくらいじくってみてもシャキットするどころか

ただうるさくなるだけです。



もう、頭に来たのでメーカーのホームページをみることにしてみた。



何やら、このサウンドシャキットというやつは純正カーオーディオの配線途中にかまして音をイコラジングするようです。

説明書を読むと、そのコントロールする帯域が、どう見てもおかしい。

100Hzや130Hzをカットし、高域と超低音だけを物凄くブーストするへんなイコライザーだ。ボリューム回すとドスドス、チャキチャキ。



うお~。うるせのなんの。結局ポチとスイッチをきりましたら、普通に近い感じでなってくれています。



これ、本当にいるの?。と車の持ち主に確認すると6万だして買ったので使いたいという。



頭を抱えながら何とか改善方法を見つけてみようと徹底的に触ってみた。

なんとタイムアライメントが使える機能をもっている。

メーカーのホームページからファームウエアーをバージョンアップしてパソコンでタイムを入れてみるソフトを使って入力して使ってみるとフォーカスだけはセンターからばっちり聞こえるようになった。



音はまだいまいちなので測定してみた。

測定はコントローラーのダイヤルを上げたり下げたりせず真ん中にした。

測定は上のように低音と高音をやたらと持ち上げるドンシャリの音質になっていた。コントローラの調整を回すと余計に特性が悪くなり不自然に聞こえていたので別の方法としてサウンドシャキットにある設定ダイヤルを全部変えて測定も試みてみたがいまいちいいところが見つけることができず断念に近い状態になった。



そこで純正CDデッキのバス、ミッド、トレブルをコントロールしてみて特性を作ってみると意外にもそこそこの特性が出せた。

その結果がこれ↓

だけどミッドを相当ブーストして持ち上げないと普通になってくれません。

サウンドシャキットで反対に音をカットすると全く低音がでなくなります。

高音をカットすると音が曇ります。


益々、おかしい。


そこで、又、サウンドシャキットの電源を切ってみるとタイムアライメントは生かせているようなので純正カーオーディオで調整してみるとそのほうが自然に近い音で鳴ってくれていました。



この製品は純正のカーオーディオにイコライザーをかける製品ですので、これがその車にとって良くなるかどうかはやってみないとわからないという製品です。



言っておきますが、この製品をダメだと言っているわけでもありません。使い方の場合によってはいいのかもしれません。



今回のようにきっちりデッドニングとスピーカーを取付した場合には合わないのではないかと思います。



とにかく調整をして本人に説明して確認してもらったところ、本人は純正のカーオーディオは交換できないものだと思っていたらしく、交換できるよとカタログをみせてあげたら、今度、お金をためてパイオニアのDEH-P01を買いますと言っていました。このサウンドシャキットをはずすとのこと。



DEH-P01ならipotもダイレクトに接続できるし音も良く便利!と実感。



DEH-P0101がついたら今度こそ取り付けたスピーカーとデッドニングの効果が最大に発揮できるだろと思う。



デッドニングについて一言だけ言っておきますがデッドニングは。音のメカニズムにそった理論的なやり方が確実な方法です。

きっちり音を出したければ余分な音はデッドニングする事。

スピーカーバックの吸音はスポンジ系はやめる事です。高域がなんとなく曇ります。まだ、拡散させるほうがいい結果がでています。



さて、貴方のデッドニングはどうでしょうか。できる限りのスピーカーの音が出せていますか?。



少し暇になってきたのでデッドニングを当店でやり直してみませんか。



では又、書きます。


カーオーディオブログ

カーオーディオ取付作業レポート

カテゴリーリスト

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時