更新
情報

お知らせ営業日

カーオーディオ取付作業レポート < カーオーディオブログ

ホンダフィット

ホンダフィットのスピーカー交換です。BLUE MOON AUDIO(ブルームーンオーディオ)AX165を取付しましたのでレポートします。お客様は福井県の方です。最初に自分のカーオーディオの音がそれなりに気にっていたそうですが友人から当店の事を聞き来店されました。車を見して頂くとアルパインのスピーカーが付けられていてデッドニングもやってあるとの事でしたが、どうも音がおかしくまともでない状態でした。デッドニングの施工もドアを叩いてみると何もやっていないようなペコペコした音がでます。なにやら手抜き臭い状態です。いろいろと説明して予算にも都合があるのでデッドニングだけでもやリ直してどこまで音がよくなるのかと期待を込めてやり直す事になりました。あとでブルームーンオーディオAX165を付ける事になりました。デモボードでの視聴で音がよく気に入ったそうです。ナビ本体は交換出来ずで純正のままです。



作業開始です。ドアトリム外します。ツィーターがドアトリム、ドアミラー近くに付いていました。この場所ではツィーターが近すぎてより右に偏って聞こえてしまいます。直接音が入りすぎる為、不自然な音になえい自然なステレオ感は得られないので絶対にこの場所やミラー裏につけてはいけない。


ホンダフィットドアトリム取り外し

一見デッドニングがちやんとやってあるように見えるがこれはハッタリでただサービス・ホールを埋めただけでした。鉄板が制振されておらず、何の効果もありません。配線を調べるとツィーターの位相は逆相でした。音楽を聴いてみるとドアに貼り付いた音がするわけです。


ホンダフィットデッドニング

スピーカー外してみました。なんじゃこれ?。バッフル変に付いているね。位置がめちゃくちゃですね。「素人でもまっすぐ付けるわ!。」と言いたい。


ホンダフィットインナーバッフル

まずいのがこれ、スピーカーが当たって付かったのか大雑把に切り取りされていた。バッフルを真直ぐつければこのようなことをしなくてメーカーのバッフルは出来ているはず。余計なことをしたためスピーカーの音がドア内に広がり室内に伝わらない状態となってしまっている。不必要にトレードインスピーカーなら切り取りはしないが原則。


ホンダフィットドアトリムスピーカー穴

徹底して間違いだらけでこれじゃいい音なんかでやしない。何もしらない素人よりわけが悪い。全部はずしてきれいにしたあとすべてデッドニングはやり直しとなった。さてドアトリムはどう対処しようかな?~。



ドア内部にしっかりと制振をする。ブルームーンオーディオをしっかりと低音まで鳴らす為、制振材の料はケチらないが鉄則。ホンダのフィットは振動に耐える強度が非常に弱い。しっかりとしないとイコライザーでごまかししないといけなくなるが今回あ純正カーナビなので一切、手抜きはできない手抜きすると濁ったきたない音がでてしまう。


ホンダフィットデッドニング

サービス・ホールを埋めます。穴埋めにも工夫がしてあります。(アルパインのバッフルを鉄板カットの印付けるため仮につけてますがあとでバーチ材にします。)


ホンダフィットデッドニング

ブルームーンオーディオのミッドウーハーは大きいので鉄板をカットしないと入らないので鉄板をカット。カットした鉄板の錆止め塗料を塗ってさらに制振材でフチを巻き込んで錆びないようにしました。バッフルはボルト締めとなっています。


ホンダフィットインナーバッフル取付

取付ビスはステンレスを使用した。


ホンダフィットブルームーンオーディオミッドバス取付

スピーカーの周りにはドアトリムとの密着しやすくするためにオスカーインターナショナルさんが販売しているウエーブキャンセラーを使った。


ウエーブキャンセラー

ドアトリムのほうにも少し手を入れてドアを元に戻せばドアは完成です。次はツィーターの取付です。ブルームーンオーディオのAX-165はツィーターマウントが付属しませんので作るかメーカーのマウントを購入になります。今回はバーチ材で作りました。まずは丸くカット。


ブルームーンオーディオツィターマウント作製

ダッシュマウントにするので整形します。スピーカー線を出す穴も開けておきます。


ブルームーンオーディオツィターマウント作製

スエード生地を巻いて仕上げてツィーター取付しました。写真が探したのですがなぜかありませんでした。申し訳ないです。パッシブネットワークはシート下へ取付しました。こうして出来上がったフィットを音を出してみます。結構フラットですが若干しこりのある音だったのでそのままエージングしました。1時間もたつと魔法がかかったように調整などなにもしないでもかなりご立派な癖の無いサウンドにできました。タイムアライメントなど調整できるものは全くなくバス、トレブルのレベル調整のみしかありません。しかし、それも不要。味付けしたければお客様の好みでどうぞ!のレベルです。こりゃ音がいい。音場感も全然普通でタイムアライメントなんかなくてもいい。あったらいいのかもしれないが広がり感や音場感が自然であえて調整するなら左右バランスでセンターフォーカスを1個ちょっといじるぐらい。これも調整しなくても全然良い感じ。


お客様が車を引き取りに来て、早速試聴するとぜんぜん降りてこない。感動のあまり、ここまで鳴るとは思ってもみなかったそうだ。デッドニングとスピーカーの取付方法が如何に大事かがわかってもらえる結果になりました。当店を選んで頂き本当にありがとうございました。


店長のボヤキ

春になってきましたね。そろそろ車を触る時期です。貴方も当店でスピーカー交換してみませんか。きっと今までのカーオーディオがここまで変わるかと実感できると思います。格安スピーカー交換など販売キャンペーン中ですのでお得ですよ。また、ドラレコの販売も結構サービスしたりしていますのでご来店ください。音がここまで違うんかと体験できるのは当店だけ!。やった人しか体験できない。実績とノウハウが違いますから!。お待ちしております。


カーオーディオブログ

カーオーディオ取付作業レポート

カテゴリーリスト

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時