更新
情報

お知らせ営業日のお知らせ

カーオーディオ取付作業レポート < カーオーディオブログ

今回紹介するのはダイハツの兄弟車でもあるスバルのシフォンのスピーカー交換です。
ご予算も限られた中で如何に良い音にするかがテーマです。

軽自動車ということもあり、デッドニングをフルに加工せずにして不要な濁る音だけを除去します。
さて、最低限の加工で良い音が出せるのかを紹介していきます。
早速ドアトリムの取り外しからです。


シフォンはドアが右と左では少しドアの形状が異なります。ダイハツ車でよくあることですがこれが少し面倒なんです。ぱっと見た目ではわかりにくいのですが防水のビニールを外すと違いがわかります。

デッドニングの加工していきます。ドアの外板側を内側から制振材を部分的に貼り付けしました。鉄板の強度をたしかめながら効果のある部分を抑えました。サービス・ホールは全部は塞ぎません。元のビニールを戻しました。



次にフェルトを使って穴の部分になるところを抑えるように貼りました。これで何の効果があるのか多分貴方には理解できないと思います。デッドニングはサービス・ホールを完全に塞がないと意味がないと思っていると思います。しかし、音の原理から考えてコストダウンを図った考え方なのでこれでいいのです。


スピーカーを取り付けします。今回はバッフルをバーチ材でモレルの5インチスピーカーがピッタリ収まるようにしました。


ドアにバッフルをつけてスピーカーを取り付けしました。


次にツィーターマウントです。バーチ材でカットしたツィーターマウントにツィーターを埋め込みます。



ツィーターはダッシュボーどに固定しました。さて音質はどうかな?。

早速、エージングをかけます。音出し、問題なし。結構いい音でるな~が感想です。
しばらく音を鳴らして再度チェクすると濁りの音は見られずでほぼ良好です。若干のサウンドバランスはナビ側で少しだけ調整しました。

無理に加工せずでもツボを抑えてドアの負担を減らしてコストダウンするやり方は成功です。

如何でしたしょうか。軽自動車でかんたんに音質良くしたい方はご相談くださいね。



・・・・・


サウンドチェックに使ったCDはこれです。「フォープレイ Esprit De Four CD」低音かあ高音へのバランスが良く全帯域でのバランスチェックいはもってこいのCDです。最近はフュージョンとは言わずにスムース・ジャズというようです。車を走らせながらのりの良いインストの音楽は楽しいです。
聞き所は松田聖子さんが歌っている曲はすばらしいです。最初聞いたときは誰が歌っているんだ?。きれいな声でメロディが気持ちいい。
是非買ってみて聞いてみてください。


Esprit De Four フォープレイ・ インポートCD

フュージョン、コンテンポラリー・ジャズ、スムース・ジャズ、その最上位に君臨するナンバーワン・クァルテット=Fourplay、2年ぶりの新作!

幅広く活躍するキーボーディスト/プロデューサーBob James (keys)、Eric Clapton、TOTOなどとの共演で知られるNathan East (b)、Herbie Hancockの盟友としても活躍したHarvey Mason (ds)、そして新進気鋭のギタリストChuck Loeb (g)による至高のクァルテットFourplay。2010年の『LET'S TOUCH THE SKY』以来2年ぶりの新作。全曲、メンバー自身の作曲、プロデュース。現代スムース・ジャズの最先端サウンドを聴かせてくれる。東日本大震災へのトリビュート・ソングとなる「Put Our Hearts Together」と、日本の国民的シンガー松田聖子をフィーチャーしたヴォーカル・ヴァージョンである「Put Our Hearts Together feat. Seiko Matsuda」を収録。

【収録予定曲】
1. December Dream
2. Firefly
3. Venus
4. Sonnymoon
5. Put Our Hearts Together - Instrumental Version
6. All I Wanna Do
7. Logic Of Love
8. Esprit De Four
9. Sugoi
10. Put Our Hearts Together - Vocal Version feat. Seiko Matsuda


カーオーディオブログ

カーオーディオ取付作業レポート

カテゴリーリスト

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時