更新
情報

お知らせ営業日

カーオーディオ取付作業レポート < カーオーディオブログ

デリカに取り付けしたスキャンスピークの測定と調整です。

スピーカーの慣らしをする為に、カロッツエリアのCDプレヤーの調整機能を使って、適当にネットワークとタイムアライメントを入力して約3時間程度慣らしです。



最初から、かなりいい感じで音が出ています。別に何もしなくていいんじゃない?と思うぐらい素直な音です。大体こういう場合は測定すると特性がいいことが多い。とりあえずしばらくほっておこう。



3時間後調整に入りました。最初にタイムアライメントをSA-1を使って決めました。ネットワークのフィルターを調べてみようと適当な値、3.15KHzで18dbカットスロープで運転席にて測定してみました。ツィーターのレベルは適当にマイナスに下げただけです。

結果がご覧の通りですがミッドバス帯域やツィーター帯域での大きな谷間のディプが無いのがすばらしい。



特性は63Hzにピークがありますがロックフォードのウーハーも同時に鳴っている為、ミッドバスと重なってピークになっています。この辺のウーハーレベルはウ-ハーの位相コントロールをタイムアライメントで調整後、調整するとしておきます。

又、中音域で左チャンネル1.6KHz、右チャンネル2KHz付近にピークが発生していました。

ここの部分をグラフィックイコライザーで修正しようとすると、つけているパイオニアのCDプレヤーでは左右独立で無いので、厳密な調整はできません。又、1.6KHzをコントロールするバンドがありませんから操作には2KHzを適度に下げて調整してみるしかないと思われます。



そこで、ネットワークのカットスロープを変更して測定と音楽を聞きながら探ってみるとスキャンスピークの15W/4531G00はそれほど、うるさく感じず5KHzでカットスロープ-6dbやフルパスで切ってみても、時折、ピアノと女性ボーカルの高い音ががきつめに感じたりしましたが、他はフルレンジのように素直です。意外とスロープを緩めのほうが情報が上がってきて楽しい音がでていました。特性道理の音です。



この車の場合取付位置が高い位置にありますので有利な条件が揃ったのだと思われます。

ツィターのD3004/660000も2.5Hz、3.15Kzカットスロープ-6dbにしてもかなり余裕があって音はまったく崩れることなく再生可能です。実際には2.5KHzでは使いませんでしたが18db以上のカットスロープなら使うこともできそうです。



真剣にクロスオーバーを決めようとして、やればやるほど何処の帯域でも自由に決めることができるほど自由度が高いと感じます。音楽を聞いて、音質の高いレベルを狙った音を作ってみようと考えてみました。



今回決定したネットワークの設定は、クロスポイント4K、5KHzと高めにしてツィーターD3004/660000を-12db、位相反転、ミッドバス15W/4531G00をカットスロープ-6dbの緩めが面白く情報も多いかと思います。いろいろとこの後も作ってみましたが、結構、遊べそうなのでオーナさんのYさんに聴いてもらって、最終決定をしようと課題を残しました。慣らしも完全に終わっていませんから、後からきっちり決める事にしたわけです。



とりあえず特性を揃えました。

イコライザーの設定は、先ほどの1.6KHzのバンドがコントロールできませんので、そこのピークに合わせ他の帯域を触りました。

中低音での315Hz、500Hz、800Hzを+1程度、2KHzを-2、ツィターのレベルは、ネットワークのゲインで下げてご覧の通りです。

もちろんウーハーもコントロールしています。

音には、厚みがあって高音が高い帯域まで自然に伸びて聞えます。特性は16KHzで自然減衰で、無理に高音を伸ばす事はしていませんが、ツィターは自然な音でボーカルの定位が気持ちいい。

特性的に、CDのほうのコントロールが少ない割りに、左右のレベルの差も少なく出来上がりはかなり良いほうです。



Yさんは、欲を出してアンプかDEH-P01を変更しようと考えていたのですが、今回は結果が良かったので機材変更は見送りになりました。音に少し飽きてきたら機材の変更してみるのも面白いでしょう。



かなり、満足できたようで「帰りの車中で、タップリ鑑賞し楽しんで帰ることができ石川県まで行った甲斐がありました。」とお礼のメールを頂きました。



追加で、当方オリジナルのCPMモジュール組み込みのキャパシターを購入してもらいました。



このオリジナルキャパシターは、ホームのハイエンドオーディオで使用されているオーディオグレードのキャパシターです。もちろん低インピーダンスにする工夫もしています。これにCPMを追加して音質の向上をプチチューンします。たかがキャパシターと言っても、市販のデッキキャパシターとは、かなり音質が違います。



自分の車に搭載しているのですが雑身が消えて、高音の鮮度が上がり、音抜けがとてもきれいです。もし、こんなの作ってほしいと希望がありましたらメールにてご連絡ください。価格は送料込みで32,000円程度です。もし気に入らない場合は返送送料だけ負担してもらえば返却可能です。



なにわのハイリフトアップデリカにスキャンスピーク取付と測定、調整は以上で完了です。



如何でしたでしょうか。幾分か参考になれば幸いです。

では、又書きます。


カーオーディオブログ

カーオーディオ取付作業レポート

カテゴリーリスト

ピックアップ

石川県加賀市大聖寺下福田町38-1
STUDIO-MESSE(スタディオメッセ)
TEL 0761-72-5030
定休日 毎週月曜日
営業時間午後11時~6時